地域業者

その他

六本木特化で堅実経営/飲食関連が主な顧客層に/アーバンホームズ、小沼健彦社長に聞く

 数年前のミニバブル時に多くの業者が参入した六本木・麻布エリアでは現在、売買取引の動きが停滞している。一方で東京ミッドタウン竣工を機に、ビジネス街として成長しつつもある。そのような中、同エリアに特化した地域密着型仲介を展開するアーバンホームズ(東京都港区、小沼健彦社長)は、堅実な営業を続けている。小沼社長に話を聞いた。(長嶺義隆記者)  ―事業内容とそれぞれの規模は  「飲食店舗、事務所、住宅、駐 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月5日