不動産証券化

その他

米国預託証券を発行/日本リテールがJリート初

 日本リテールファンド投資法人は、株式に相当する投資口を裏付けに米国内で売買される米国預託証券(ADR)を発行すると発表した。  ADRを発行している大企業は多いが、Jリートでは初めて。証券であるADRは、米国の制度によって株式には投資できない銀行や年金ファンドも購入できるため、日本リテールにとっては米投資家層の拡大や認知度の向上が期待できるメリットがある。今後は米国内でのIR活動も強化していくと ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月5日