行政

その他

取引価格など情報整備を/リスク解釈の手引きも/国交省のリスク研究会が報告

 国土交通省の不動産リスクマネジメント研究会は、09年度の研究成果をまとめた。属性情報を併せ持つ取引価格情報のデータベース整備や、不動産リスク情報を解釈するガイドラインの作成などを提言する内容となっている。  不動産は、金融の影響や、地震などの自然災害、土壌汚染、アスベストといった環境問題への意識の高まりから、その影響も大きく受けている。企業や機関投資家にとっては、利害関係者に対する説明責任も重要 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月12日