不動産証券化

その他

ラルゴ/不動産ファンド3号組成へ/物件募集開始/華僑系投資家の要望に対応

 ラルゴコーポレーション(東京都千代田区、山本治男社長)は、不動産ファンド3号を組成する。現在3案件を同時に進めており、物件が取得できたものを先に3号ファンドとし、残りを順に4号、5号ファンドとして運用する予定だ。運用期間は5年程度。  複数の海外投資家から受けた不動産投資の要望に応える。オフィスビルとレジデンシャルを投資対象に10億~30億円と20億~100億円の物件を組み込んで、それぞれ50億 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月12日