行政

その他

住宅用地完成面積 10年ぶりに増加/国交省調べ08年小規模開発も減少止まる

 国土交通省が3月31日にまとめた08年度の住宅用地完成面積調査によると、08年度の完成面積は前年度比21.0%増の3519万1000平方メートルで10年ぶりに増加となった。  1万平方メートル以上の一団地の住宅用地が36.2%と大幅に増加し1556万6000平方メートルだったことが全体を押し上げた。小規模開発の住宅用地は8.1%増の1675万6000平方メートル、再開発の住宅用地は38.3%増の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月12日