行政

その他

京都のアパートで耐震偽装/全数調査へ

 国土交通省は2日、京都府八幡市の共同住宅で構造計算書に偽装があったと明らかにした。ミレ建築設計事務所(大阪市鶴見区)の張武雄一級建築士が構造計算を担当した。関与物件は大阪府に104件など近畿2府4県と岡山県に分布。同設計事務所では鉄骨造2~3階建てのアパートを中心に構造計算を手がけている。国交省は、物件の所在する特定行政庁に全数調査を要請した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月12日