行政

その他

国交省・経産省/省エネ基準適合を義務化/エコポイントなど支援も強化/年度内に工程表示す

 国土交通省と経済産業省は16日、新築の住宅・建築物を対象に省エネ基準への適合を義務付ける方針を固めた。まずは、10~20%程度の基準適合率を50%に引き上げる。省エネ化の遅れている木造住宅への支援や、省エネ基準の強化などを検討、年度内にも推進方策をまとめる。住宅エコポイント制度の延長・拡充など、既存ストックの省エネ改修についても支援を強化する。3年を目途に改修を効果的に進める方策を確立する方針だ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日