賃貸管理, ハウス・住設

その他

賃貸併用住宅に熱視線/不況で需要増える/家賃収入で住宅ローン補てん/大手住宅も商品投入/高額顧客の取り込みにも

 同じ建物に施主の自宅と賃貸住宅が同居する賃貸併用住宅の需要が伸びている。住宅そのものが副収入を生み出してくれるため、住宅ローンの支払いの足しとして考える消費者が多い。不動産会社にとっては、一般の戸建てよりも価格は高い上、賃貸部分の管理を請け負えば高額顧客の囲い込みができるメリットもある。  不況による将来不安や金融資産の目減りなどにより、住宅の購入や建て替えに踏み切れない消費者は多い。住宅購入を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日