分譲

その他

総合地所/中型物件開発も主力に/市場の構造変化に対応CRE事業へアプローチ

 分譲マンション開発を手掛ける総合地所は4月14日に専門紙向けに会見を開き、富高正信社長が今後の事業展開などを示した。同社は昨年6月1日にグループ会社で賃貸管理のトータルハウジングと合併し、開発事業と賃貸ノウハウを集約して経営の効率を進めてきた。4月1日に新設したソリューション事業本部を中心に、今期は、各部門間の相乗効果をいかに出すかが焦点となる。  富高社長は、「手堅いところでは分譲マンションや ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日