その他

連載

【連載】住宅・不動産業界の50年/時代が動いた瞬間(とき)/(12)流通機構(上)媒介契約制度の誕生/急浮上した「共同仲介」の理念

 昭和44年から埼玉県で宅建業を営む市川不動産。「現在の取引の9割近くがレインズ経由」(市川廣利社長)という同社では、毎日の情報検索が会社経営の生命線を握る。  大手不動産流通企業も例外ではない。「最も多い取引相手はライバルでもある同業大手」(同社幹部)。両手志向が強いと言われる大手でも、今やレインズを通した共同仲介なしに経営は成り立たなくなった。(社)日本住宅建設産業協会では、「とくに地方でレイ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日