行政, その他

社説

【視点】不動産投資ブーム/業界は率先して「投資教育」を

 個人の不動産投資が変わらずブームである。不動産市場では新築か中古かを問わず投資用マンションの取引が活発だ。住宅も賃貸経営と“抱き合わせ”にした販売手法が増えた。賃貸併用住宅をはじめ、1戸を自宅に、もう1戸を賃貸にと提案する連棟式の戸建住宅などの新発売が続く。  ブームを支えているのは、初めて住宅を取得する1次取得層ならぬ、初めて投資を経験する1次投資家層である。少し前までの個人による不動産投資は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日