その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(596)/ハウジングライター・藤原 利彦/住宅メーカートップ、相次ぎ交代/若返りで激変に対応/注目の新社長、抱負と夢

 住宅80万戸時代の到来で新たな戦略が問われる中、今年は住宅メーカーのトップ交代が相次いだ。住友林業、旭化成ホームズ、パナホーム、東急ホームズの4社のトップが交代した。昨年、三井ホームとエス・バイ・エルが交代しており2年で6社も交代した。激変市場に勝ち残るには若きリーダーでということ。新社長就任の抱負に注目だ。  これまでに社長就任会見を行ったのは住友林業と旭化成ホームズの2社。いずれも前社長が新 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月19日