行政, 賃貸管理

1面トップ

高専賃に参入相次ぐ/新たなビジネスの柱に/マンションのノウハウ活用

 高齢者向け住宅への参入が増加している。東京建物やNTT都市開発といったデベロッパーが相次いで高齢者専用賃貸住宅に乗り出している。これまで高専賃などの住宅は賃貸管理会社などが中心で、デベロッパーは手間のかかるシルバービジネスには消極的だった。介護保険制度の改正や総量規制の導入で有料老人ホームの新規開発が難しくなったことも一因だが、高齢者住宅はデベロッパーの住宅事業の経験が生かせる分野でもある。国も ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月26日