行政

その他

建基法見直し/「小規模建築の負担軽減を」/国交省の検討委/分譲は別制度も

 建築基準法の見直しを検討している国土交通省の検討委員会はこのほど、施工・生産者、消費者などを代表する委員が意見発表した。戸建住宅やアパートなどが設計方法や高さによって構造計算適合性判定(適判)の対象となっている点を見直すよう求める意見が相次いだ。一方で、戸建分譲住宅の耐震性不足事件などが発生したことを指摘し、厳格な審査の堅持や中間検査の強化を求める声もあった。  現行制度では高さ13メートルまた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月26日