その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(597)/ハウジングライター・藤原 利彦/アキュラホーム、不況の中で最高益/コスト削減を徹底/施工日数20日短縮し70日に

 住宅着工戸数が80万戸にまで落ち込み業績ダウンの住宅メーカーが多いなか、アキュラホームの2010年2月期決算は経常利益が前期比849%増の11億5400万円と過去最高となった。売上高は11%増の309億円、16期連続の増収。これまでの最高益は2007年2月期の9億5600万円、3年ぶりに更新した。  利益が大幅に伸びたのは07年度、08年度と新規営業拠点を相次ぎ開設、それに伴う人員増強が負担で利 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2010年4月26日