行政

その他

不動産情報を一元化、住宅履歴重説項目レインズとも連動、国交省事業者向けに新システム

 国土交通省が2015年度の試験運用を目指す事業者向け不動産情報データベースの基本構想が明らかになった。  現在はばらばらに公開されている成約価格や住宅履歴、物件調査に必要な公的資料などの情報ストックを一元化して事業者の業務負担を軽減する。来年度の概算要求にシステム構築のための研究予算を盛り込み、14年度にシステムの構築を検討している。   不動産流通市場の情報整備を検討してきた国交省の研究会(座 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日