賃貸管理

その他

『屋根借り発電』拡大の兆し、全量買取スタート大東建託は来年度2千棟へ

 7月から始まった再生可能エネルギーの全量買取制度を受け、アパートの屋根をオーナーから借りて太陽光パネルを設置し、売電利益を得るビジネスを手掛ける会社が出てきた。  賃貸住宅建設最大手の大東建託は、グループで管理する物件の屋根を借り、同社が太陽光パネルを設置してオーナーに賃料を支払う新事業を立ち上げた。12年度内に780棟、10メガワットの太陽光発電を設置する見込み。01年度以降に完成した既存物件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日