行政

その他

都市再開発法施行令などを一部改正、国交省

 国土交通省は29日、都市再開発法施行令と密集市街地整備法施行令を一部改正する政令を施行した。  今回の改正で、参加組合員として保留床の2分の1以上を取得する者を、公募によらず特定建築者にすることができるようになった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日