その他

連載

ニュースの背景(うら)を読む、大手住宅が二世帯商品に注力、景気低迷など社会状況を反映

 大手住宅メーカーが今期に入り二世帯住宅商品を相次いで発売している。東日本大震災で同居が見直されたことや、長引く景気低迷で子世帯が多額のローンを組む住宅建築に消極的になっていることなどが背景にある。従来型の二世帯住宅だけでなく、旭化成ホームズは11日に親世帯と子世帯に加え未婚の単身の子も含めた「2.5世帯」住宅を提案する商品を発売した。このほかにも新しい提案や付加価値を付けた二世帯住宅商品が相次い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日