その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(908)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、亀有の築17年に入札42本今後も激しい仕入れ競争、堅調な実需ファミリー向け

 中古マンション、とりわけ実需ファミリー向け物件の市況は堅調のようである。東日本レインズの動向でも、このところの成約件数は増加している。現況、不動産流通会社は売り物件確保の方が大変のようだ。  そんな中、8月9日開札で、1番人気になったのもファミリーマンションであった。JR常磐線「亀有」駅徒歩約6分に立地するその物件は築17年で、専有面積約18.5坪の3LDKの部屋であった。売却基準価額は1262 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日