その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(19)、相続の現場に立ち会う、人生最期の一大事業、真剣に向き合おう

 私のように多くの大家と付き合っていると、意図せずして相続の現場に立ち会うことがある。そういう現場というものは第三者にとってはいたたまれない場合が多い。  大抵は対策をしっかりやっているということが少ない。たとえやっていたとしても的外れだったりすることもある。その結果、残された者にとっては争いとなる。今まで仲が良かった兄弟が言い争うのを見ていて気持ちのよいものではない。  あまりにも相続というもの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日