その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(59)、時効取得後に抵当権が設定されると失権するか、抵当権の存在を認めなければ時効取得は成立

【はじめに】  Xは昭和45年3月、本件土地をAから購入した。引き渡しを受け、現在まで占有を継続してきたが、所有権移転手続きはしていなかった。売却後Aは昭和47年に死亡したが、その後問題が生じた。相続人のBが、昭和57年1月、相続を原因とする所有権移転登記をしたうえ、Yに対して昭和59年4月に甲抵当権を、昭和61年10月に乙抵当権を設定してしまった。  乙抵当権の被担保債権は平成9年12月に完済さ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日