開発

その他

三井不、米ワシントンで開発用地取得、貸付面積4700坪地元デベとビル開発

 三井不動産は、米国子会社の三井不動産アメリカを通じて、ワシントンでオフィスビル開発用地を取得した。ワシントンでのビル事業は、今年1月に取得した「ホーマービルディング(貸付面積約1万2000坪)」を含めて4件目。売却済みを除く所有中の2物件と同じく地元有力デベロッパー、アクリッジと共同で事業化する。  ワシントンの商業ビジネスの中心エリアであるコネチカットアベニューに近い閑静な立地環境の約480坪 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月3日