行政

その他

ゆうちょ銀、住宅ローン参入を申請、女性、高齢者個人事業主ニッチ層を開拓

 日本郵政グループのゆうちょ銀行は3日、個人向けの住宅ローン業務に参入するため、金融庁と総務省に新規業務の認可申請を提出した。郵政民営化委員会で申請が認められれば、来年4月以降のできるだけ早い時期に業務開始を目指す。  同行は2008年にスルガ銀行と提携し、住宅ローンの仲介業務をスタートした。今年3月までに2236億円の取り扱い実績がある。新規参入が認められれば、現在仲介業務を手がける全国82店舗 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月10日