団体

その他

木耐協調べ、9割が耐震基準に満たず、耐震診断済み1.6万件中新耐震でも8割以上

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)は、組合で実施した耐震診断の結果を分析してまとめた。06年4月から12年6月までに行った耐震診断1万6386件が対象。  診断案件のうち、現行の耐震基準に照らして「倒壊する可能性がある」とされたのは18.11%。さらに、「倒壊する可能性が高い」は72.69%に上り、合わせて9割以上が現行の耐震基準に適合しないという診断結果になった。  1980年以前の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月10日