分譲, ハウス・住設

特集

【防災特集】戸建住宅、非常時の電力自給など、住宅各社、商品開発に反映、震災後のニーズへ対応進む

 東日本大震災は消費者の戸建住宅に対する安全・安心の備えを再認識させるとともに、新たなニーズを生み出した。これまで防災といえば耐震性や耐久性などが第一に挙がっていたが、加えて非常時の電力自給なども求められるようになった。住宅メーカー各社の商品開発にもその影響が見られる。 ●さらなる耐久性向上も  安全・安心は戸建商品企画の普遍的なキーワードだが、震災以降さらに高いレベルが求められるようになった。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月10日