行政, 不動産証券化

その他

どうなる改正不特法、政治停滞で継続審議に

 7日閉会した通常国会に提出中だった不動産共同特定事業法の改正案は成立せず、衆院で継続審議となった。倒産隔離型の不動産特定共同事業を可能とする同法が成立すれば、今後10年で「5兆円の新規投資、8兆円の生産波及効果」(国土交通省の試算)が生まれると期待されていただけに業界の失望は大きい。国交省は秋の臨時国会での成立に向けて国会に働きかけるとともに、来年度の税制改正要望にも関連税制を盛り込むなど成立後 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日