賃貸管理

その他

老朽化した木造賃貸アパート、”木賃リノベ”多様な手法、独自の付加価値を創出

 老朽化した木造賃貸アパートには、空室化が進み賃貸経営に行き詰まってしまった物件も多い。そうした物件は都市景観や防災、防犯などさまざまな面で問題が指摘されている。防火構造でない木造共同住宅は首都圏だけでも相当数あるといわれる。これまで、老朽化した物件の収益性改善策といえば建て替えがほとんどだった木造賃貸住宅だが、リノベーションが脚光を浴びている。オーナー意識の問題などもあり、再生に踏み切るのは一部 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日