行政

その他

住宅の再建築数、11年度は9.4万戸超、解体前の1.3倍に

 2011年度に再建築を目的に除却された住宅戸数は7万2577戸で、その跡地に再建築された戸数は除却数の1.3倍の9万4524戸だったことが国土交通省の調査でわかった。  再建築の数が除却数を上回るのは、相続などで敷地を細分化したり、貸家として建て替える事例が多いことが要因と見られる。貸家は除却数1万6561戸に対し、再建築数は3万7591戸と倍増した。再建築後の住宅の内訳は、持ち家51.2%、貸 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日