その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(910)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、一般市場にない借地権付建物、地代滞納が膨らんだ物件権利関係整理に競売活用

 競売市場において、一般市場より、その出現割合が高いのが借地権付建物である。とりわけ借地権について争いがあるものなどは、まず一般市場にはない。しかし、競売ではそのような物件が散見される。  8月30日開札では、都営新宿線「西大島」駅徒歩約18分に立地する「建物」(築43年の木造、延床面積約22坪の共同住宅で、有効な接道がなく再建築不可。現況空き家状態)が開札対象になった。  この物件はそもそも借地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日