不動産流通・売買・仲介

連載

高齢社会の不動産相続(上)、地主・富裕層向け本格参入三井不リアル、資産の組み替えで節税

 日本は75歳以上の高齢者が爆発的に増え、ケアを必要とする高齢者が増大するリスクも高まる中で医療や介護、住宅に加えて相続の問題が深刻化し始めた。住宅・不動産業界でも高齢者向け住宅といったハードだけでなく、不動産大手もこれまで消極的だったコンサルティングによる不動産相続ビジネスに注目する。  相続対策では不動産の部分が占める割合が多い。東京国税局がまとめた相続財産(課税価格)の金額構成比を見ると、0 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日