不動産流通・売買・仲介

その他

“価格維持”丸紅がトップアトラクターズ・ラボが騰落率調査

 アトラクターズ・ラボは12日、売り主別に中古マンション価格の騰落率をまとめた。2011年に売り出された中古と01年以降に分譲された新築時の価格を付きあわせて新築時からの騰落率を算出してランキングにした。  単独売り主別のトップは2年連続で丸紅(平均騰落率プラス1.8%)だった。2位は野村不動産(同マイナス1.5%)、3位が東急不動産(同マイナス1.5%)と続いた。4位はゴールドクレスト(同マイナ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日