その他

連載

弁護士・金子博人の、重要判例ピックアップ、61、学校騒音はどこまで受忍すべきか、学校側は騒音低減に努力、受忍限度を超えず

【はじめに】  日系ブラジル人のための幼稚園から高校まである学校に対し、学校のスポーツ施設からの騒音がうるさいとして、隣接者や道路を挟んだ向かい側の住民が、人格権に基づく騒音の差し止めと一定の時間帯における施設の使用差し止め(日曜日は終日、それ以外の日は午後8時から午前10時の間)、および損害賠償を求めて、訴訟を起こした。  このスポーツ施設は学校の体育授業やサッカー大会などの行事に利用するほか、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月17日