行政

その他

首都高再生、都市再生との連携検討、有識者会議提言検討の具体化要望

 老朽化が進む首都高速道路の再生を検討してきた国土交通省の有識者会議(座長=三宅久之政治評論家)は19日、現在は高架になっている高速道路の地下化など再生の具体化に向けた検討を進めるべきなどとする提言書をまとめた。  東京オリンピックに合わせて緊急に整備された首都高は、総延長300キロメートルのうち、経過年数が40年以上のものが約3割にのぼるなど老朽化が進んでいる。複雑な分合流が多く、安全な走行に課 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月24日