その他

余滴

【余滴】名文は冒頭から人の心をひきつける。

 そぞろに1行目を読み始め、気づけば文章の海に引きずりこまれていたといった経験は誰もが少なからず持っていることだろう。ぶらりと入った居酒屋で思いがけずうまい酒と肴を堪能したようなうれしい出会いがあるから読書はやめられない◆紀伊国屋書店新宿本店が先日まで実施していた「ほんのまくら」フェアはそんな読書の魅力を十分に伝える企画だった。棚に並んだ本にはカバーがかかり、試し読みはもちろん本のタイトルすら知る ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月24日