行政, 開発, 分譲, 不動産流通・売買・仲介, 団体

その他

基準地価団体・企業コメント、住宅は堅調、ビルも底入れへ、都市部では地価上昇を実感

■不動産協会 木村惠司理事長  首都圏の新築マンションは引き続き堅調な売れ行きが続いており、オフィスも空室率低下の兆しが現れるなど不動産市場に回復傾向が見られる。  こうした動きを確かなものにするためにも、住宅・都市分野の成長戦略を加速していくことが必要だ。とりわけ、内需の柱である住宅投資については、消費税引き上げ時の税負担をこれ以上増加させない措置を講じることが不可欠である。 ■全国宅地建物取 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月24日