その他

連載

基礎から分かる!、仲介会社のためのホームインスペクション入門、日本ホームインスペクターズ協会理事長長嶋修、依頼は買主からが主流、第三者性確保が信頼に

 さくら事務所に依頼のあるホームインスペクション(住宅診断)は、その8割以上が買い主からのものです。  中古住宅流通を活性化するためには、売却の段階でインスペクションを実施しておくこと、つまり売り主があらかじめ「ホームインスペクション済み」として情報開示の上、中古住宅が売りに出されるのが理想ですが、現実にはそうなっていません。売り主が情報開示するには、インセンティブがないから。むしろ「欠陥が見つか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月24日