賃貸管理

その他

レオパレスと富士通、賃貸を「仮想発電所」に、屋根に太陽光福島で実証実験を開始

 レオパレス21は、富士通と共同で福島県で情報通信技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証実験をスタートした。  「仮想型太陽光発電所」とは、レオパレスがサブリースしている賃貸アパート60棟程度の屋根に太陽光発電パネルを設置し、点在する太陽光パネルで発電するのを発電所として見立てるもの。発電した電気は富士通が情報通信技術を活用して仮想的に束ねる。太陽光発電協会による2012年度の「住宅用太陽光発電高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2012年9月24日