ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(283)/相次いでグループホームを商品化/熾烈な主導権争い/活かせるかメーカーの強み

 住宅メーカーのグループホーム市場への本格参入が始まった。今年1月に大和ハウス工業が3階建ての都市型グループホーム「ダイワカームアビオス」、2月にパナホームが「パナホームグランマ」、7月にミサワホームがグループホームの「プロトタイプ」、11月に積水化学工業が「ハーベストメント」を発売した。\n グループホームが注目されるのは痴呆性高齢者が増加の一途を辿っているからだ。2000年156万人、2005 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月13日