その他

連載

自分を磨く不動産営業(68)/遺伝子のスイッチ/プラス思考で活性化する

 営業活動において、断りは挨拶のようなものだ。断りが無ければ進歩も前進もない。しかし、連続の断りにはストレスがたまって落ち込んでくる。そこで、いつもプラス思考の大切さを述べているが、何故プラス思考が良いのか、「いのちの素晴らしさ」(村上和雄著 モラロジー研究所発行)を読んで理論的に納得がいったので紹介する。そのポイントは次の3点であった。\n 一点目、サムシング・グレイト。\n 「世界のパスツール ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月13日