不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(474)/名義書換料考慮しても底地なく高い投資効率/借地権の収益不動産

 相変わらず高落札率が続く東京地裁であるが、10月21日においても、やはり90%を超える落札率であった。マンションが1物件、土地付建物3物件が特別売却に回ったのみであり、そのうち2物件は借地権付建物だった。借地権付物件はやはり売却率が悪いというのが従前からの傾向ではあるが、このところ収益不動産を中心にこの借地権付建物にも応札が集まるケースが目に付くようになってきた。\n 例えば、この日も都営三田線 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月13日