統計・データ

その他

ファシリティサービス市場/高付加価値型へ内容の転換進む/富士経済調査

 総合マーケティングビジネスの富士経済(東京・日本橋、原務社長)はこのほど、「ファシリティ(建物・工場管理)サービス市場動向調査」の結果をまとめた。それによるとファシリティサービス市場は、役務提供を主体としたマンパワー型サービスから、コンサルティング的要素を含んだ高付加価値型のソリューションサービス(問題解決)へ移行していることに伴い、実績を上げ始めていると分析している。\n 今回の調査によると、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月13日