賃貸管理, ハウス・住設

その他

コマツハウス/住宅事業を拡大/500ボックス・20億円を計画/賃貸からホテルまで

 コマツハウス(品川区、桑原昌樹社長)は、ユニット(モジュール)工法の特徴を生かした資産家の土地活用提案に力を入れている。住宅営業部が中心になり、モジュール工法による「モジュラーエース」住宅を賃貸や高齢者対応、ホテルなどで地主に提案している。同取り組みを本格化させた01年度から現在までに約500戸を竣工させ、3年目を迎えた今年度は、ユニット数で500ボックス・売上高20億円を計画。\n\n■「モジ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月20日