その他

連載

天壌無窮(100)/歴史・文化・建築を考える/「旧岩崎邸庭園」を巡って

 喧騒の湯島の一角、緩やかな坂道を上ると鬱蒼とした杜。坂上の空の間、二階建洋館が現れた。11月2日、旧岩崎邸庭園。\n 広い前庭の芝生には、午後の陽射しを浴びて棕櫚の樹が林立している。列柱の美しい車寄せ、玄関を通り館内に入った。\n 赤い絨緞、高い天井、玄関のステンドグラス、黒光りするアーチ型の廊下、暖炉、大鏡と、時代を遡及した重厚華麗な布置結構。ホールから見上げる壮麗な列柱、コの字型大階段が二階 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月20日