その他

連載

【会社研究】日本住宅無尽(下)/板倉 弘幸社長に聞く/「無尽」の全てを語ろう/創業90周年「挑戦と革新」

【ポイント】\n ・給付(融資)を受ける機会は掛け金を積んでいる加入者全員に保証されており、原則的に「貸し渋り」は起こらない。\n ・給付(融資)姿勢の基本は物件主義。ベンチャーや起業家などにとって使い勝手が優れている。\n\n ●機会の公平\n―板倉社長は銀行の出身ですが、銀行と無尽システムは何が違うのですか\n 「無尽は相互扶助の精神に基づいた日本的システムという点が大きな違い。銀行業は当時、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月20日