ハウス・住設

その他

住宅時評 トレンドを斬る(284)/ペイントハウスがサテライト構想など新戦略/急速に業態変革/カギはリフォーム施工力

 住まいのデパート構想を掲げて業態を変革中のペイントハウスの平成15年8月期決算(連結)は売上高320億1300万円(17・1%減)、経常損失62億6500万円の減収赤字決算。塗装業から総合住宅リフォームへの業態改革と無店舗訪問販売から有店舗販売「住まいのデパート」へ大転換を図っているのが大幅赤字の要因。業態変革が成功するのかどうか注目の的だが、今期の業績予想(連結)は売上高418億円、営業利益7 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月20日