地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/神のいる資本主義

 株のファンドマネージャとして、ニューヨークで活躍しているO氏が、「資本主義には、唯物論的な資本主義と、神のいる資本主義がある」と述べています。唯物論的な資本主義に陥ると、人間の心が干上がってしまう方向に行くような気もします。地獄的な、間違った方向に進んでいく企業は、まさにガン細胞のようなもので、その会社が発展すればするほど、社会全体としてはマイナスになり、挙句の果ては全体とともに自分も一緒に滅び ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月20日