分譲, 不動産流通・売買・仲介

1面トップ

高額物件に回復の兆し、株高・円安でマインド上昇、富裕層や海外勢に動き

 アベノミクス効果が住宅・不動産業界にも波及し始めている。年初から自民党政権が日銀に金融緩和の促進でプレッシャーをかけたことで不動産市場の先行きを楽観視するムードが漂い、不動産株やJリート株はマーケット回復を先取りする格好で急ピッチの上昇線を描いている。こうした株高は、消費者マインドにもポジティブな影響を与え、特に富裕層の購買意欲は増進しつつある。ファンダメンタルズ(基礎的条件)が悪くなるベクトル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日