行政

その他

税負担の軽減など、国交省「資産移転」で報告書、高齢者の不動産流動化促す

 世代間の資産移転を議論してきた国土交通省の検討会(座長=清水千弘・麗澤大学経済学部教授)は、高齢者が所有したままで十分に活用されていない不動産の流動化を図るため、所有者に対するインセンティブや、まちづくりと連携した「不動産マネジメント」の枠組みが必要だとする報告書をまとめた。  高齢化の進展により、地価の低い郊外を中心に空き家や廃墟の増加が顕在化している。報告書は、こうした不動産が周辺環境に悪影 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日