その他

連載

【地域企業のチカラ】(84)Jリート価格分析に必要な視点、澤田考士

 東証REIT指数は、13年3月27日に、約5年2カ月ぶりに終値ベースで1700ポイント台となった。  この水準は12年末比で52.6%増、11年末比で103.9%増の水準である。この2年間で大きく上昇したことがわかる。ただし、翌日の3月28日には、利益確定売り等によって3.3%の大きな下落を示すなど、価格の変動幅が増す傾向にあるのが最近の状況だといえる。  一般に、証券市場では将来期待や様々な憶 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日